FANDOM


プロフィール
キンバリー・ショー
Kimberly Shaw
MPKimberly.jpg
性別:女性
恋人:マイケル・マンシーニ
ブレット・クーパー
ピーター・バーンズ
配偶者:マイケル・マンシーニ
友人・味方:マイケル・マンシーニ
敵:ほとんど全員一度は敵に
家族:母:マリオン・ショー
父:ウィリアム・ショー
俳優:マーシャ・クロス
声優:金野恵子
  

thumb|300px|right キンバリー・ショー

人物 編集

マイケルと同じ病院で働いていた医師で、ジェーンとの関係がぎくしゃくしはじめたマイケルを誘惑して不倫の関係になる。海辺にビーチアパートを購入してマイケルを呼び寄せ、ジェーンとの離婚が成立するとすぐさま婚約をする。 しかし結婚する直前マイケルは飲酒運転による事故を起こし、同乗していたキンバリーは意識不明の重態に陥ってしまう。同じく重傷を負ったマイケルが意識を取り戻すと、既にキンバリーは「死亡して、遺体はクリーブランドの実家に運ばれた」と聞かされる。 マイケルは飲酒運転の証拠をマットに隠してもらったものの、それを知ったシドニーに脅迫され結婚、その直後キンバリーは一見無事に復活しマイケルを安心させよりを戻す。

しかしキンバリーは実は耳の後ろに大きくて醜い傷を負っており、マイケルに復讐することを生きがいに戻ってきたのだった。キンバリーはマイケルにあっさりと捨てられたシドニーを誘ってマイケルを殺そうとたくらむが、シドニーは怖気づいてしまう。キンバリーはジェーンの車を盗んで金髪のかつらをかぶって病院から出てきたマイケルを轢き殺そうとするがマイケルは助かってしまう。怪我をしたマイケルにはしらじらしく看病を続け、正式に結婚までしてしまうキンバリーだったが、ジョーの子供を勝手に自分の子供にしようと盗み出したりと異常性はエスカレート。そのうちマイケルアマンダに心変わりしてしまい、キンバリーは“被害者の会”のキャンプに参加して格闘技を習い訓練を重ねて新たなる復讐の炎を燃やし始める。しまいには精神を病んでしまい自分にしか見えない男ヘンリーの幻覚に悩まされ、最後には鏡に映るヘンリーからの命令と称してメルローズプレイスをアパートごと爆破してしまう。

皆から非難轟々だったキンバリーだったが、このアパート爆破で自らも重傷を負い入院しているうちにピーターと親しくなる。一見回復したキンバリーはマイケルとビーチハウスで暮らし始めるが、そのうち多重人格になってしまい記憶が途切れ途切れに。記憶がない時、キンバリーはベッツィという名前で別の人格として動き回っており、ついには知りすぎたピーターを逆恨みして誘拐してしまった。キンバリーはピーターこそが精神病患者だと担当医師を装い、精神病棟にピーターを隔離、しまいにはロボトミー手術をしようと脳にメスを入れる寸前までいくのだが、アマンダマイケルピーターを救出し、もめているうちに足場をとられて高所から落下、キンバリーは記憶喪失になってしまう。

意識を取り戻したキンバリーは、多重人格ではなくなっていたものの今度は自分が脳腫瘍で残り3ヶ月の命であることを知る。マイケルの性生活を満たすためにキンバリーは娼婦のメーガンを雇ってマイケルを手中に置いておこうとするが、マイケルメーガンに本気になってしまいあっさり捨てられてしまった。キンバリーは一人寂しく死んでしまい、キンバリーの死を知ったマイケルは反省して涙を流すのだった・・・(しかし、キンバリーは死後メーガンの夢に現れマイケルのことを警告^^;)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki